事業引継ぎのご支援

現在、多くの中小企業の経営者の方が、後継者に関する悩みを抱えておられます。
適当な後継者がおられない場合には、他の意欲ある事業者の方に事業を譲渡して、会社を存続させることも有効な方法です。しかし、大切な会社を譲渡するのですから、事前に方法や制度を良く知った上で、慎重に進める必要があります。

大分県事業引継ぎ支援センターでは、こうした事業承継問題の悩みを抱える中小企業経営者からの相談、円滑な事業のバトンタッチの支援を行って参ります。

事業引継ぎは早めの対応が重要

こんな事で悩んでいる方は
早めのご相談を

事業引継ぎは早めの対応が重要 事業引継ぎは早めの対応が重要

事業承継の方法

事業承継には、誰に会社(経営)を承継させるかによって、次の3つの方法があります。

親族内承継

親族内承継

現経営者の子息・子女や甥、娘婿などへの承継

従業員等への承継

従業員等への承継

共同経営者や役員、従業員などへの承継

親族内承継

第三者への承継

身近に後継者候補がいない場合、社外に後継者を求める第三者承継

ご相談のお申し込みはこちらから

メールでお申し込み

メールでお申し込み

フォームはこちら
電話でお申し込み

電話でお申し込み

097-585-5010

受付時間:8:30 〜 17:15

FAXでお申し込み

FAXでお申し込み

097-585-5011